ホーム

OT 佐藤良枝 の
Dementia Care ゼミナール

      

私は、OT(occupational therapist) 作業療法士&バリデーションワーカーの佐藤良枝です。

認知症のある方や高齢者の暮らしの支援に長年従事してきました。
特に、認知症のある方への対応の工夫と食事介助・起居移動動作・Activity(趣味活動)が専門です。

臨床の現場で、その人に寄り添ったケアという理念に照らし合わせながら日々の暮らしの困難を軽減するための実践を積み重ねてきました。
その結果、最も重要なことは、困りごとが起こっている場面そのものの観察と洞察であるということがわかりました。

生活障害やBPSDは、周囲の人にとっても認知症のある方ご本人にとっても困りごとではありますが、同時にその困りごとという現れには、その人の能力が必ず反映されています。

結果として起こっている生活障害やBPSDという現れそのものだけを見て、表面的にそれらを改善しようとすることは、実は、反映されている能力を見過ごし修正を要求するという私たちの姿勢を意味しています。
そのため、効果が限定的だったり、その場は一見効果があったように見えても長期的には合理的な能力発揮を妨げてしまい逆効果となってしまうことが少なくありません。

どんな認知症であっても、認知症のある方の能力やその人らしさが一時的に見えなくなることはあっても、消失してしまうことは決してありません。

生活障害やBPSDという現れに反映されている能力を見出し、より合理的な能力の発揮ができるように援助することによって、認知症のある方に寄り添ったケアという理念の具現化が可能であるということが実感できるようになりました。

認知症のある方への対応のくふうについては、さまざまなハウツー的対応の展開が散見されますが、本当に必要なことは、まず目の前で起こっていることそのものを観察できることであるにもかかわらず、まだまだ不十分な現実があるのではないでしょうか。

確かに、認知症のある方の言動にはパターンがあるようにも見えますが、パターンは結果として傾向として現れるものなので、最初からパターンに当てはめて考えるような在りようは不合理です。

安易にハウツーに頼ることなく、ピンポイントで適切な対応ができるようになるために必要なことは、まず観察です。

表面的な事象ではなくて、それらに反映されている能力と障害・困難を観察できるようになるためには、認知症という状態像を引き起こす疾患・障害の知識が必要です。

観察できるようになれば、目の前にいる認知症のある方に何が起こっているのか、ということが洞察できることを意味しています。観察・洞察ができるから、じゃあどうしたらよいのかという対応の工夫がピンポイントで具体的に浮かび上がってきます。

これらは、30年以上にわたって私が出会ってきた認知症のある方から身をもって教えていただいたことです。
認知症のある方とご家族の日々の暮らしの困りごとが少しでも少なくなることを願ってここにこのサイトを公開いたします。

        

        

「書かれた医学は過去の医学である。
 目前に悩む患者の中に
 明日の医学の教科書の中身がある」    

                        ( 沖中重雄 )

  

「事実の子たれよ。
 理論の奴隷たるなかれ。
 事実はことごとくこれを信ぜよ。
 その時には相衝突するがごとくに見ゆることあるとも、
 あえて心を痛ましむるなかれ。
 事実はついに相調和すべし。
 その宗教的なると科学的なると、
 哲学的なると事実的なるとにかかわらず、
 すべての事実はついに一大事実となりてあらわるべし。」 


     
                        ( 内村鑑三 )

 「経験をもたらすのは観察だけなのである。
  観察をしない女性が、50年あるいは60年
  病人のそばで過ごしたとしても
  決して賢い人間にはならないであろう」

                    (ナイチンゲール)

      

 

      

< 免責・著作権 >

 このコンテンツは個人の見解であり、所属先とは関係ありません。
 このコンテンツの内容を用いて発生したいかなる過失・損失等にも、著者は一切責任は負いません。

 また、このコンテンツの内容の無断転載・無断改変は禁止します。

 二次利用(各種研修会・授業等)は出典を明記していただければ許可いたしますが、事前にご連絡をお願いします。お問い合わせフォームをご利用ください。

 なお、コンテンツ中の記事・写真・図表の著作権は著者に帰属します。

          

           

ご家族の言葉

2016年に放映されたNHKスペシャル「私は家族を殺した ”介護殺人”当事者たちの告白」を忘れたことはありませ …

Read more

鯖のトマト炒め煮

  鯖缶(水煮)カゴメ基本のトマトソース野菜(ナス、玉ねぎ、パプリカなど)ニンニクチューブ醤油少々 材料はこれ …

Read more

寄り添ったケアの実践とは

  認知症のある方の食事介助でも生活障害でもBPSDでも困った時に「どうしたら良いのか」を考えることってたぶん …

Read more

高知県口リハ研究会講演終了

   7月24日(日)10:00〜12:00にオンラインで開催された高知県口のリハビリテーション研究会主催の研 …

Read more

食事集中困難

  認知症のある方で食べることに集中できないという場合に口腔器官の協調性が低下しているということは多々あります …

Read more

きゅうりのスタミナ漬け

  本家本元のレシピは下記の通りですがもっと簡略化しても美味しく食べられました。 「満点★青空レストラン」で紹 …

Read more

「食べる」再学習:まとめ

  もう一度「食べられる」ように再学習を進めるためには「どうしたら良いのか?」と考えることではないのです。 ど …

Read more

「食べる」再学習:食具

自力摂取している方にスプーンの工夫もしますが  介助が必要な方に食具を選択することも食べる能力を発揮していただ …

Read more

「食べる」再学習:食形態

今の能力でラクに食べられる食形態と言いました。 能力とは機能を意味しません。機能はあっても誤介助のために能力と …

Read more

「食べる」再学習:基本

  認知症がある方で「食べる」困難のある方でも多くの場合、もう一度食べられるようになります。 なぜならば「口を …

Read more